校章 

 平沢小学校校章

昭和30年10月5日制定

校章制定の経緯は不明だが、「剣」と「かたばみ」をあしらったもの。
慶長年間(1596~1615)に伊達政宗よりこの地に封せられた高野家の家紋と平沢の「平」の字を組み合わせたものと見られる。


校木:松(アカマツ) 

平沢小学校校木(マツ)

昭和55年3月1日指定

かつて校木の隣には、奉安殿があり、大正14年に今上天皇がお生まれになった際、皇孫殿下御降誕記念として、地区の方が山から移植したものと言われています。その後校庭を拡張したため、現在はトラックのコーナー部分にあります。平成20年には蔵王町保存樹木に指定されました。