学校経営の基本方針

宮城県教育委員会の基本方針,大河原教育事務所生涯学習基本方針並びに蔵王町教育委員会基本方針及び重点施策等に基づき,教育過程の趣旨と地域・学校・児童の実態等を踏まえ,以下の5点を基本方針とする。

①児童に未来への夢を持たせ,自立と社会参加を目指し,「生きる力」を育成する。

②「ユニバーサルデザイン」の考え方に基づき,誰でも分かりやすい授業,居心地のいい学校・学級を追求する。 

③地域との連携を深め,児童にふるさとへの愛着を育む教育活動を展開する。 

④震災を踏まえ,「命の教育」「心の教育」を推進する。

子ども同士の学び合いを大切にしながら確かな学力を育て,未来へ向けての子どもの可能性を広げる。 

教育目標

自ら考え,自ら学び,自らかかわる子どもの育成

目指す子どもの姿

項 目
やさしい子ども かしこい子ども たくましい子ども
低学年 よく聞いて考える子ども なかよくする子ども 元気よく外で遊ぶ子ども
中学年 自らよく考え,学んで工夫する子ども 相手を認め,励まし合って協力する子ども 進んでからだを鍛え,夢を持ってがんばる子ども
高学年

これまでの学びを生かして自分の考えを深め,創意工夫する子ども

みんなと協力し,常に相手を思いやりながら活動する子ども からだと心の健康を考えながら課題に挑戦する子ども

 目指す教職員の姿

1 信頼される教職員

2 常に改善し,前に進むる教職員

3感性豊かで活力ある教職員

目指す学校の姿

1 信頼される学校
2 地域,家庭と共に歩む学校
3 ユニバーサルデザインの学校